不動産購入の「ひと月あたりコスト」とは?

家を買って10年で売る。これって月いくらで住んだことになるの?

不動産を購入すると、さまざまな初期コスト・維持コスト・売却時コストが発生するので、賃貸とコスト比較するのが難しいですね。 そこで、不動産購入から売却にとまつわる全コストを洗い出して居住月数で割る、つまり「今の賃料と比較可能な月次コスト」を算定するのがこのシミュレータです。

 

まずは試しに入力してみましょう!

1.ライフプラン

今の貯金や家賃から、イメージしてください

売却が想定される時期を入力。いろいろなパターンで計算してみましょう。ずっと住む場合は寿命を入力してください。
貯金の状況からいけそうな金額を入力して下さい

2.購入する物件

どんな物件を買おうとしていますか?下記は将来のコストに影響します。

購入したい物件価格を入力して下さい
売却時には購入時の何%価格が目減りしてるか予想(覚悟)します。
中古マンションを購入する場合は、高くなる傾向があります。一戸建ての場合は0を入力して下さい
物件価格に占める土地価格の割合。固定資産税の推移に影響します。

3.購入時の経費

これは代表的な数字です。適宜変更してください。

フラット35なら35年。なるべく長期で設定しておけば後から短縮もできます。
購入価格 x 3.0%が一般的です。手数料ゼロ物件を買うならゼロです
登記費用・印紙代・保証料など 総額100万円くらいを考えておくのが無難です。リフォームの予定がある場合はその費用を加えてください

1.買える価格&売れる価格は?

あなたが設定した条件で、借り入れできる金額です
頭金と合わせて、あなたが購入できる物件価格です
売却時期と価格下落率から計算される売却価格です
売却時のローン残債です。マイナスの場合は売却できません
売却価格からローン残債を引いて手元に残るお金です

2.毎月発生するローン以外のコストは?

変動しない想定で計算しています。戸建の場合ゼロです
物件価格に連動する固定資産税を月次平均した値です
物件価格に連動する都市計画税を月次平均した値です

この金額が、ローン支払いとは別に毎月発生します

3.購入&売却時のコストは?

購入時

あなたが想定した頭金の額です
物件価格 x ◯%から決まる仲介手数料の金額です
あなたが想定した購入諸経費です(登記費用、印紙代など)

売却時

売却時も同様に 物件価格 x ◯%から決まる仲介手数料がかかります

売却時・購入時に単発で発生するコストの合計です

全てのコストを月換算してみる

では以上のコスト全てを「毎月の家賃に換算したら?」を計算してみましょう!

売却時の損益も居住月数で割ります。マイナスは得していることを表します。
購入時と売却時にかかる費用を居住月数で割ります

これがあなたが「その家に毎月いくら払って住んだことになるのか?」の金額です
2年に一度の更新料も考慮して「賃貸だったらいくらの家賃で住んだことになるのか?」の金額です

グラフで見やすい!複数プラン比較ができる!pro版無料はこちら


© 住宅購入シミュレータ すみれ 2018